被害者請求も重要

後遺症認定の申請をする方法は2つあるのですが、主に被害者請求をする人が多くなっています。なぜなら被害者請求は事前認定に比べて面倒な作業が必要になるのですが、被害者が有利になる可能性が高いからです。被害者認定を行うためには、必要書類を自分で集めなければいけません。では、どのようなときに被害者認定が有利になるのでしょうか。

後遺症の場合には、骨折のように誰の目にもケガをしていて治療が必要になるとわかる場合もあれば、目には見えないようなむち打ちなどの治療を行わなければいけない人もいます。このように実際治療をしているか判断するのが難しい場合に有効的なのが被害者認定です。どのように被害者認定をすればよいのかわからない場合には、やはり弁護士に相談するのが早道でしょう。

参考・・・後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ

後遺症に関しての手続きなどは、面倒な面や大変な面がたくさんあります。そのため、自分で調べてもわからない点がたくさんありますし、省庁などのホームページに説明されていることもあるのですが、かなりわかりにくくなっているのが現状です。だからこそ弁護士への相談が欠かせないのですが、被害者認定を行う人の多くは保険会社との交渉も一緒に任せてしまうことが多いでしょう。

事前認定を行う

後遺症が残ってしまった場合には、後遺症認定を行う必要があります。後遺症認定の方法は大きく分けると2つ存在しているのですが、そのうちの1つが事前認定という方法です。通常交通事故が発生して相手にケガを負わせてしまった場合、被害者と保険会社が交渉をすることになるのですが、保険会社が主体となって申請する方法を事前認定と呼んでいます。

どちらにも一長一短が存在しているので、状況に応じて選択する必要があるでしょう。事前認定にもメリットとデメリットが存在しています。主なメリットとしては、認定に必要となる書類の収集などに時間を取られなくて済むことです。申請するためには後遺症があるという証明が必要になるので、必要書類がたくさん存在しています。この手間を省けるというのはかなりのメリットだと言えるでしょう。

しかし、保険会社が主体となっているので、認定結果は若干被害者が不利になってしまう可能性もあるのです。では、不利にならない方法はないのかというと、弁護士に依頼することで回避できるでしょう。ちなみに骨折など目に見える障害を負った場合には、事前認定の方が便利です。どちらにするか迷っている場合にも、弁護士に相談をすることで、どちらの方が便利なのか判断をしてくれるでしょう。

交通事故の後遺症

交通事故が発生したときのケガが原因で、後遺症が残ってしまう人もいるでしょう。このような場合には、等級認定をしてもらい、その等級によって支払われる慰謝料も変わってきます。しかし、後遺症の等級については、一般の人ではよくわからないことが多いでしょう。わからないままにしておくと、自分が不利益を被ってしまう可能性が高いので、多くの人は弁護士に相談をします。弁護士であれば、後遺症の等級についてよくわかっているでしょう。

しかし、どの弁護士でも問題ないというわけではありません。誰にでも得手不得手があるように、弁護士にも得意な分野と不得意な分野が存在しています。交通事故に限定したとしても、交通事故全般に詳しい弁護士もいれば、人身事故が発生したときの対応に関して特に詳しいという人もいるのです。もし後遺症が残ってしまった場合には、後遺症の等級について詳しい弁護士に相談をしてみましょう。後遺症が残ってしまった場合、弁護士探しが苦になってしまう可能性もあります。

そのため、事前にある程度弁護士を絞り込んでおくという対策もよいでしょう。交通事故は車を運転する人だけが被害に遭うというわけではありません。誰にでも被害を受けてしまう可能性があるので、事前にある程度絞っておけば、いざというときにもスムーズに相談することができるでしょう。当サイトを見てもらうことで、後遺症に関する相談を弁護士に行えば、いろいろなメリットがあるという点を多くの人に知ってもらえればと思います。