被害者請求も重要

後遺症認定の申請をする方法は2つあるのですが、主に被害者請求をする人が多くなっています。なぜなら被害者請求は事前認定に比べて面倒な作業が必要になるのですが、被害者が有利になる可能性が高いからです。被害者認定を行うためには、必要書類を自分で集めなければいけません。では、どのようなときに被害者認定が有利になるのでしょうか。

後遺症の場合には、骨折のように誰の目にもケガをしていて治療が必要になるとわかる場合もあれば、目には見えないようなむち打ちなどの治療を行わなければいけない人もいます。このように実際治療をしているか判断するのが難しい場合に有効的なのが被害者認定です。どのように被害者認定をすればよいのかわからない場合には、やはり弁護士に相談するのが早道でしょう。

参考・・・後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ

後遺症に関しての手続きなどは、面倒な面や大変な面がたくさんあります。そのため、自分で調べてもわからない点がたくさんありますし、省庁などのホームページに説明されていることもあるのですが、かなりわかりにくくなっているのが現状です。だからこそ弁護士への相談が欠かせないのですが、被害者認定を行う人の多くは保険会社との交渉も一緒に任せてしまうことが多いでしょう。

コメントは停止中です。