事前認定を行う

後遺症が残ってしまった場合には、後遺症認定を行う必要があります。後遺症認定の方法は大きく分けると2つ存在しているのですが、そのうちの1つが事前認定という方法です。通常交通事故が発生して相手にケガを負わせてしまった場合、被害者と保険会社が交渉をすることになるのですが、保険会社が主体となって申請する方法を事前認定と呼んでいます。

どちらにも一長一短が存在しているので、状況に応じて選択する必要があるでしょう。事前認定にもメリットとデメリットが存在しています。主なメリットとしては、認定に必要となる書類の収集などに時間を取られなくて済むことです。申請するためには後遺症があるという証明が必要になるので、必要書類がたくさん存在しています。この手間を省けるというのはかなりのメリットだと言えるでしょう。

しかし、保険会社が主体となっているので、認定結果は若干被害者が不利になってしまう可能性もあるのです。では、不利にならない方法はないのかというと、弁護士に依頼することで回避できるでしょう。ちなみに骨折など目に見える障害を負った場合には、事前認定の方が便利です。どちらにするか迷っている場合にも、弁護士に相談をすることで、どちらの方が便利なのか判断をしてくれるでしょう。

コメントは停止中です。